育児をとりまく環境

日本は世界水準と比較すると経済的にも文化的にもとても恵まれた国です。
教育水準も高く、いくら不況とはいえ世界中にあふれる貧困に比べれば、かなり豊かな生活を送ることができる環境にあります。
ただ、子育てをする環境という面でいうと、さまざまな障害があることも事実です。

生活水準が高いとはいえ、それを維持するためには男女が共に労働して生活レベルを維持せねばならず、育児をするために必要な費用を稼がねばなりません。
教育や社会福祉が確立しているとはいえ、それを享受するためにはある程度の生活レベルを維持しなければならず、そのサポート制度は完全とはいえないのが実情です。

たとえば、社会進出している女性へのサポートについてです。
結婚し、育児もこなす女性が外に働きに出る場合に、子供を預ける保育園などの施設が不足しているという現状。
企業側が託児施設を完備あるいは育児サポート制度をしっかりとしているところも未だ多くはありません。
働く女性のために育児を支援する方向に世論は動きつつあるものの、実現しているケースはまだまだで、出産・育児休暇を取ることは認められつつあっても、その後復帰して時短で帰る(保育園に迎えにいくなどの理由から)といった条件からか、十分な仕事を任せてもらえないという差別を受けるケースも多いようです。

周りから理解されづらいことも、育児の難しさを考えさせられる要因です。
育児は家の中で行われることがメインで、なかなか外からはその大変さを知ることはできません。
少子化が危惧される日本ですが、育児をサポートする制度をしっかり確立しなければ、育児に対する認識も良い方向には改善されず、女性は苦悩するばかりです。

Copyright © 2014 育児が直面する問題 All Rights Reserved.